So-net無料ブログ作成
陸上競技 ブログトップ

北口榛花選手 やり投げで日本新記録!水泳とバトミントンが生きる! [陸上競技]

□2019.5.8

陸上・木南道孝記念(5.6/大阪市ヤンマースタジアム長居)で、北口榛花(はるか)選手(21歳/日本大学4年)が、やり投げで、従来の日本記録を一気に56㎝も更新する、64m36で優勝しました。

フィールド種目の日本勢では、2020年東京五輪参加標準の突破第1号となりました。

条件は違いますが、64m36は、リオ五輪2016と世界選手権2017の6位に相当します。

ちなみに世界記録は72m28です。

砲丸投げや円盤投げは、体格で外国勢に劣りますが、やり投げは30mの助走があるので、日本選手も世界で戦える種目だといいます。


スポンサーリンク




北口榛花選手プロフィール
北口榛花選手は、1998.3.16生まれ、北海道旭川市出身、179㎝86㎏の陸上選手(やり投げ)です。

水泳を3歳から始め、小・中学校、旭川東高校でも水泳をやっていましたが、高校1年途中で陸上(やり投げ)に転向しました。

小・中学校時代は、バドミントンもやっており、小学校6年生の時には全国大会で団体優勝しています。

水泳とバドミントンで培われたものが、北口榛花選手の投てきに生かされているようです。

水泳で肩関節の柔らかさが増し、バドミントンのスマッシュで、投てきのフォームが養われたと、専門家は指摘しています。

池江璃花子選手が、小さい頃からの鉄棒の雲梯運動で、肩関節の柔軟性が増し、バタフライに生かせているのと、同じようなことがいえるようです。

高校3年で、高校総体、世界ユース、国体を制し、日本ジュニア選手権も58m90の日本高校新で優勝しています。

しかし、大学1年で右肘を故障してしまい、一時は伸び悩み、2年でコーチ不在という試練がありましたが、単身で海外合宿に取り組むなどで壁を乗り越え、今回の快挙となりました。


スポンサーリンク



タグ:北口榛花

共通テーマ:日記・雑感

世界リレー2019横浜大会 日本初開催 ! カナダチームは岐阜市でベルギーチームは水戸市で事前合宿! [陸上競技]

□2019.5.9

陸上リレー種目に特化した世界一決定戦・IAAF世界リレー2019横浜大会(2019.5.11~5.12/横浜国際総合競技場)が開催されます。

4回目の今回、初めて日本で開催され、9種目に過去最大規模の47カ国、延べ約790人がエントリーしました。

大会前に、カナダチームは岐阜市の長良川球場で、ベルギーチームは水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で、事前合宿を行っています。

大会では9種目が行われ、男女400mリレーと1600mリレーは10位以内、混合1600mリレーは12位以内入れば、世界選手権2019の出場権が得られます。

また、世界選手権の上位8チームには、東京五輪の出場権が与えられます。


スポンサーリンク




大会要項
大会:IAAF世界リレー2019横浜大会

日時:2019.5.11(土)~5.12(日)

会場:横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

種目:9種目(男子3種目、女子3種目、男女混合3種目)
男子3種目 ①4×100mR ②4×200mR ③4×400mR
女子3種目 ①4×100mR ②4×200mR ③4×400mR
男女混合3種目 ①4×400mR ②シャトルハードルR ③2×2×400mR

放送:TBS系でlive放送
5.11 20:50~21:54
5.12 18:30~21:00


スポンサーリンク




日本代表
◆男子4x100mR 
山縣亮太(セイコー)/桐生祥秀(日本生命)/小池祐貴(住友電工)/白石黄良々(セレスポ)/多田修平(住友電工)/宮本大輔(東洋大学)

◆男子4x200mR
白石黄良々(セレスポ)/永田駿斗(住友電工)/田村朋也(住友電工)/藤光謙司(ゼンリン)/飯塚翔太(ミズノ)/ケンブリッジ飛鳥(Nike)

◆男子4x400mR
ウォルシュ ジュリアン(富士通)/伊東利来也(早稲田大学)/北谷直輝(東海大学)/井本佳伸(東海大学)/田村朋也(住友電工)/山下潤(筑波大学)

◆女子4x100mR
壹岐いちこ(立命館大学)/山田美来(日本体育大学)/青野朱李(山梨学院大学)/三宅奈緒香(住友電工)/山中日菜美(デンソー)/世古和(CRANE)

◆女子4x200mR
藤沢沙也加(セレスポ)/土井杏南(JAL)/兒玉芽生(福岡大学)/福田真衣(日本体育大学)/山中日菜美(デンソー)/世古和(CRANE)

◆女子4x400mR
広沢真愛(日本体育大学)/青山聖佳(大阪成蹊AC)/岩田優奈(中央大学)/武石この実(東邦銀行)/稲岡真由(RUN JOURNEY)/松本奈菜子(東邦銀行)

◆男女混合4x400mR
佐藤拳太郎(富士通)/堀井浩介(住友電工)/若林康太(駿河台大学)/藤沢沙也加(セレスポ)/稲岡真由(RUN JOURNEY)/小林茉由(茨城陸協)

◆男女混合シャトルハードルR
高山峻野(ゼンリン)/金井大旺(ミズノ)/木村文子(エディオン)/青木益未(七十七銀行)

◆男女混合2x2x400mR
川元奨(スズキ浜松AC)/クレイアーロン竜波(相洋高校)/北村夢(エディオン)/塩見綾乃(立命館大学)

IAAF世界リレー2019横浜大会公式サイト


スポンサーリンク



共通テーマ:日記・雑感

酒井瑞穂さん 東洋大学競歩担当コーチに就任!東京五輪でメダルを目指す! [陸上競技]

□2019.5.4

酒井瑞穂さんは、東洋大学駅伝部監督補佐と陸上部競歩担当コーチという2つの肩書を持ち、東洋大学陸上部全体を支える存在です。

福島の県立高校の教員だった瑞穂さんは、2009年住み慣れた故郷を離れ、東洋大学駅伝監督に就任した夫・酒井俊幸さんとともに、埼玉県川越市に移りました。


スポンサーリンク




夫・酒井俊幸駅伝部監督を支えて10年、昨年2018年から陸上部競歩担当コーチも兼務しています。

酒井瑞穂さんは、学生時代は競歩選手、高校教員時代に指導をしていた経験を買われて競歩担当コーチに就任しました。

酒井瑞穂コーチ指導のもと、池田向希選手(3年)は、20㎞競歩で世界ランク1位となり、世界陸上2019代表に、川野将虎選手(3年)は、50㎞競歩で、日本記録を更新、日本歴代2位の好記録をマークと、目覚ましい活躍ぶりです。

競歩選手も、駅伝チームと同じ選手寮で生活しています。

酒井家は、選手寮内にある監督部屋と近所の自宅を行き来しながら生活しています。

小学生の男の子2人は、学校が終わると寮に帰宅、監督部屋で宿題をして夕食、午後9時過ぎに、酒井家は自宅に帰宅します。

酒井瑞穂コーチは、「池田と川野は大学4年で東京五輪を迎えます。代表になり、メダルを獲得してほしい」と、教え子の活躍を期待しています。


スポンサーリンク



タグ:酒井瑞穂

共通テーマ:日記・雑感

高松望ムセンビ  ナイキオレゴンプロジェクトを離れる! 現在は? [陸上競技]

□2017.7.21/□2017.8.23更新

2017.2.27、自身のツイッターで、高松望ムセンビ選手は、ナイキオレゴンプロジェクトを離れることを報告しています。
昨年2016、大阪薫英女学院高校を卒業後、高松望ムセンビ選手は、ナイキオレゴンプロジェクトに参加するため、渡米しました。
しかし、挑戦は厚い壁に跳ね返され、失意のうちに帰国することになります。
高松望ムセンビ選手は、現在は陸上を断念してしまったのでしょうか。


小見出し
日本の陸上界で活躍するハーフ選手
母校・大阪薫英女学院の初優勝に貢献
失意のうちに帰国
高松望ムセンビ選手の現在
現在は大阪陸協に所属
高松望ムセンビ選手のプロフィール


スポンサーリンク



日本の陸上界で活躍するハーフ選手

日本陸上選手権2017で、100m、200mの2冠を手にしたのは、サニブラウン選手でした。

現在、日本人初の9秒台に最も近いのが、サニブラン選手ではないでしょうか。

日本の陸上界には、活躍するハーフの選手がたくさんおります。

将来を嘱望されるひとりが、中長距離の高松望ムセンビ選手です。


母校・大阪薫英女学院の初優勝に貢献

全国高校駅伝2014女子で、母校・大阪薫英女学院高校を初優勝に導いたのは、2区を任された高松望ムセンビ選手でした。

大会2連覇を目指した、全国高校駅伝2015女子では、妹の高松智美ムセンビが2区を走り、タスキを、姉・高松望ムセンビ選手につなぎましたが、3位に終わりました。

全国高校駅伝2016女子では、妹・高松智美ムセンビ選手の2区9人抜きの快走でトップに立つと、大阪薫英女学院高校は、その後1度も首位を譲ることなく、2度目の優勝を飾りました。

米国のオレゴンプロジェクトにチャレンジしている姉・高松望ムセンビ選手から、落ち着いて智美らしい走りをしてと、励まされていたそうです。


失意のうちに帰国


大きな夢を持ってチャレンジしたナイキオレゴンプロジェクトでしたが、高松望ムセンビ選手のチャレンジは、思うような結果に結びつきませんでした。

世界の精鋭が集結したナイキオレゴンプロジェクト、レースに出てもドベばかり、まるで通用しませんでした。

1年足らずで、高松望ムセンビ選手は、ナイキオレゴンプロジェクトを去り、帰国することを決心します。


高松望ムセンビ選手の現在

失意のうちに、帰国し大阪に戻った高松望ムセンビ選手、現在はどうしているのでしょうか。

陸上を諦めてしまったのでしょうか。

ナイキオレゴンプロジェクトでは、同じプロジェクトに参加する大迫傑選手に、移動時に車に乗せてもらったり、自宅に招いてもらったりと、何かと世話になったようですが、高松望ムセンビ選手は、いい結果で応えられない自分が悔しかったそうです。

ツイッターで、高松望ムセンビ選手は、まだ私の陸上人生は終わっていないので、今後ともよろしくお願いしますと言っています。

帰国した高松望ムセンビ選手は、現在大阪陸協に所属し、ケニア出身のマラソン選手だった父・マクセルさんの指導を受け、朝は、妹の高松望ムセンビ選手と一緒に汗を流し、練習に励んでいます。

失意のうちに帰国した高松望ムセンビ選手でしたが、傷ついた心を、家族が癒してくれているようです。


現在は大阪陸協に所属

現在、大阪陸協に所属している高松望ムセンビ選手は、2017.7.7から7.9に行われた大阪陸上競技選手権 2017に出場しました。

女子800メートルに出場した高松望ムセンビ選手は、予選2分14秒51、決勝は2分11秒33で5位という結果でした。

平凡な記録でしたが、ほとんど1年ぶりの試合だったようで、不安もあったようですが、イメージどおり走れたと、高松望ムセンビ選手は晴れやかな笑顔でした。

現在、高松望ムセンビ選手は、ハイレベルな環境でもまれたオレゴンプロジェクトへの参加は無駄でなかったと、陸上に新たに踏み出せた充実感でいっぱいです。


高松望ムセンビ選手のプロフィール

(資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました)

高松望ムセンビ選手は、1997.8.31にケニアで生まれた日本の陸上競技中長距離選手です。

父は、2001年長野マラソンで優勝したケニア出身のマクセル・ムセンビさん、3歳で、母の故郷・日本の大阪に移住し、大阪薫英女学院中学校時代は、全国中学生1500メートルを2連覇しています。

2014.8の南京で行われたユース五輪3000メートルで、自己ベスト9分01秒58を記録し、金メダルを獲得しています。

(資料元:高松望ムセンビ選手-wikipedia)


妹・高松智美ムセンビ選手とともに、姉・高松望ムセンビ選手に注目していきたいと思います。


スポンサーリンク




世界陸上選手権2017の100m代表に

2017.6.24、世界陸上代表選考を兼ねた日本陸上選手権第2日目、注目の100m決勝、昨年の覇者・ケンブリッジ飛鳥選手は、サニブラウン選手、多田修平選手に次いでの3位でした。

連覇はなりませんでしたが、世界陸上選手権100m代表に選出されました。


忘れられないコメント

リオ五輪2016の400mリレーで、銀メダルに輝いたケンブリッジ飛鳥選手の、決勝後のコメントが、大変印象的で忘れられません。

ジャマイカと対決した気分はと、外信にインタビューされたケンブリッジ飛鳥選手は、「私は日本人です」と応えたのです。ケンブリッジ飛鳥選手は、「私の父親がジャマイカ人で、私もジャマイカで生まれたが、とても幼くて日本に来て、日本で教育を受けた」と話し、「ジャマイカ陸上の影響を受けたのか」という質問にも、「陸上も日本で学んだ。日本のスタイルの陸上をする」と話しました。(引用元:世界の憂鬱 2016.8.21 外国人「ジャマイカ人と対決した気分は?」→ケンブリッジ飛鳥「私は日本人です」)


父母は離婚

ケンブリッジ飛鳥選手の母・景子さんは、ジャマイカに長期滞在していた時、父・ジョージさんと知り合い、結婚しました。

母・景子さんは、ジャマイカで、ケンブリッジ飛鳥さんとケンブリッジ沙紗さんをもうけますが離婚、ケンブリッジ飛鳥さんが2歳の時、日本に戻り大阪で生活しています。

ケンブリッジ飛鳥選手は、幼かったので、父の記憶がないようですが、父・ジョーンさんは、レゲエのミュージシャン(だった)といわれています。

(資料元:元TV関係者が日常の疑問点を解決するブログ ケンブリッジ飛鳥の父が離婚で母と妹が父親の画像や写真を流出?)


母・景子さんの仕事は?

ジョーンさんと離婚し、日本に戻った母・景子さんは、女手ひとつで、2人の子どもさんを立派に育てあげました。

母・景子さんは、マーケティング関係の仕事をしてみえるようです。

母・景子さんは、仕事の関係と、ジャマイカ滞在時のつてをたよって、ケンブリッジ飛鳥選手が、ボルト選手が所属する陸上の名門クラブで練習できるようマーケティングしたといいます。

今のケンブリッジ飛鳥選手があるのは、母・景子さんの熱心な子育てにあるといってもいいかもしれません。

リオ五輪400mリレーで、日本が銀メダルに輝いた時は、日本中がわき返り、リレーメンバーへのインタビューが集中しました。

その時のケンブリッジ飛鳥選手の的をえたしっかりした受け答えに、立派な人柄のアスリートだなぁと感心したことを思い出します。

(資料元:トレンド情報ブログ 2016.8.27 ケンブリッジ飛鳥の母は陸上関係者なの?)


ケンブリッジ飛鳥選手のプロフィール

ケンブリッジ飛鳥・アントニオ選手は、1993.5.31生まれの日本の男子陸上選手です。

ケンブリッジ飛鳥選手は、小学校時代にはサッカーに親しんでいましたが、大阪市立淀川中学に進学し、陸上部の顧問に勧められたことがきっかけで、陸上を始めます。

中学3年生の時に、東京の江東区立深川第三中学校に転校、高校は私立東京高校に進学しています。

高校時代は、2年生で初めて100mで10秒台(10秒75)を記録し、3年生では日本選手権400mリレー(2走)で、当時の高校記録を樹立しています。大学は日本大学文理学部で学んでいます。

(資料元:ケンブリッジ飛鳥-wikipedia)


1年間に0.1秒を縮める闘い

(資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました)

ケンブリッジ飛鳥選手は、高校2年生で10秒75を記録、社会人1年生になった昨年2016には10秒10を記録しています。

6年かけて縮めたタイムは0秒65、1年間で0.1秒ずつ記録を縮めていることになります。

箱根駅伝も、1人で1分を削り出す闘いといわれますが、一朝一夕に夢の9秒台がでるわけでなく、何年も何年も厳しいトレーニングを課し、ようやく達成できる記録だということがわかります。


夢の9秒台を記録するのは、ケンブリッジ飛鳥選手か、サニブラウン選手か、多田修平選手か、桐生祥秀選手か、山縣亮太選手か、誰が最初に9秒台を記録するにしても偉業に違いなく、大記録が達成された時は、日本中がわき返るに違いありません。


世界陸上2017・男子4×100mリレー日程
世界陸上2017.png


多田修平 高校時代の記録は平凡?関西から世界へ! [陸上競技]

□2017.6.27/□2017.7.13更新

多田修平選手が一躍注目されたのは、2017.6.10平塚スタジアムで行われた日本学生個人選手権でした。
多田修平選手は追い風参考記録ながら、100m準決勝で9秒94をマーク、決勝では自己記録を大幅に更新する10秒08を記録し優勝しました。


小見出し
関西から世界へ
石切中学校から大阪桐蔭高校へ
転機は「OSAKA2020夢プログラム(通称・夢プロ)」
一躍脚光を浴びる
世界陸上2017・男子4×100mリレー日程


スポンサーリンク



関西から世界へ

多田修平選手は、日本陸上選手権2017で、日本を代表する選手、山縣亮太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手を抑えて、100m、200mともに、サニブラウン選手に次ぐ2位に入りました。

現在の日本の陸上界は関東中心、山縣亮太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手も関東の大学出身です。

多田修平選手は大阪府東大阪市出身、一貫して関西で陸上に打ち込んできた多田修平選手には、関西から世界へ羽ばたける選手になっていきたいという想いが強くあるようです。


石切中学校から大阪桐蔭高校へ

大阪府の記録会で100mに出場し、決勝で8位だった、東大阪市立石切中学3年生の多田修平選手に声をかけたのは、大阪桐蔭高校の花牟禮(はなむれ)武監督でした。

大阪桐蔭高校の花牟禮監督は、誰かが目当てで、記録会を視察しに来たのではなく、翌春に創部予定の陸上部の選手探しだったようです。

多田修平選手の足の回転の速さと、接地時間の短さに魅力を感じ、多田修平選手に声をかけたといいます。

当時多田修平選手は、100m11秒5台の平凡な記録の選手でした。

大阪桐蔭高校時代、多田修平選手は、全国高校総体100m決勝で、10秒78のタイムで、6位に入賞した記録がありますが、高校時代も余り目立った活躍はありませんでした。

資料元:日刊スポーツ 2017.6.25 多田修平無名から2位「五輪選手に勝てたの大きい」


転機は「OSAKA2020夢プログラム(通称・夢プロ)」

多田修平選手は、大阪桐蔭高校から関西学院大学法学部に進学します。

大学進学を機に記録が向上するようになりますが、転機は「OSAKA2020夢プログラム(通称・夢プロ)」で、今年2017.2から3週間、米・テキサス合宿に参加したことでした。

元・世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)選手らと一緒に練習し、「体幹を鍛え、腰の位置を意識しろ」などと助言を受けました。

すると、つまづき気味だったスタートが改善し、2017.6.10平塚スタジアムで行われた日本学生個人選手権での結果に結びつきました。

資料元:産経WEST 2017.6.24 決勝台風の目、関学大・多田…オール浪速支え 海外遠征でスタートに革命


一躍脚光を浴びる



(資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました)

多田修平選手は、関西圏では知名度のある選手でしたが、今年2017.6.10の日本学生個人選手権までは、全国区では殆ど無名の選手でした。

2017.6.10の日本学生個人選手権で、未公認ながら100m9秒94をマークし、一気に注目されます。

一躍脚光を浴びたのが、2017.6.23・24・25に大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた、世界選手権代表選考を兼ねた2017日本陸上選手権でした。

多田修平選手は、日本のトップレベル選手、山縣亮太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手を抑えて、100m、200mともに、サニブラウン選手に次ぐ2位に入り、100mで世界選手権代表に選出されました。


世界陸上2017・男子4×100mリレー日程
世界陸上2017.png

タグ:多田修平

サニブラウン 母が日本人のハーフ!高校はどこ? [陸上競技]

□2017.6.27/□2017.7.9更新

日本陸上選手権2017で、100m、200mの2冠を手にしたのは、2種目とも自己記録を更新したサニブラウン選手でした。
サニブラウン選手の名前は、サニブラウン・アブデル・ハキーム、外国人のような名前ですが、母が日本人のハーフです。
生まれも育ちも日本ですが、高校はどこなのでしょうか。


小見出し
サニブラウン選手プロフィール
母は日本人父はガーナ出身
高校はどこ?
夢の9秒台を出す選手は誰?
世界陸上2017・男子4×100mリレー日程


スポンサーリンク



サニブラウン選手プロフィール

サニブラウン選手は、1999.3.6生まれ福岡県出身の日本人スプリンターです。

父はガーナ出身、母は日本人のハーフです。

父は、元ガーナでサッカー選手、母は元ハードル選手です。

小さい頃はサッカーに夢中だったようですが、母・明子さんは、息子はチーム競技より、個人競技に向いていると判断し、サニブラウン選手は、小学校3年生のとき、母・明子さんの勧めで陸上競技を始めます。

世界ユース陸上競技選手権大会2015で、100m、200mを大会記録で優勝、2冠を達成しました。

リオ五輪代表選考を兼ねた日本陸上選手権2016は、怪我で出場できませんでした。


母は日本人父はガーナ出身


サニブラウン選手は、母は日本人、父 はガーナ出身のハーフです。

母・伊藤明子さんは、福岡県立崇像高校時代、ハードルで高校総体に出場した経歴を持っています。

現在はスポーツメーカーに勤務するキャリアウーマンのようです。

母・明子さんは、日本陸上選手権2017を、スタンドから、息子・サニブラウン選手のレースを見守りました。

サニブラウン選手は、リオ五輪代表選考を兼ねた日本陸上選手権2016を、左太ももの痛みで欠場しており、屈辱をバネに、今春から拠点をオランダに移しています。

母・明子さんは、「この1年の失敗がなければ、ここ(2冠)はない。海外にも行かなかったかもしれない。本当にいいレースができたと思う」と、わが子の活躍に目を細めました。

ガーナ出身の父・ラフィティさんは、スポーツバーを経営してみえるようです。


高校はどこ?

サニブラウン選手は、中学校、高等学校と城西大学附属城西中学校・高等学校(所在地: 〒171-0044 東京都豊島区千早1-10-26)に進学、陸上部顧問の山村貴彦さん(元日本代表・シドニーオリンピック出場)の指導を受けるなか、才能を開花させます。

2017年秋からフロリダ大学に進学し、練習拠点もフロリダ州ゲインズビルに移すようです。


夢の9秒台を出す選手は誰?

(資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました)

日本人選手の100m9秒台が期待され続けていますが、誰が日本人選手初、夢の9秒台ランナーになるのでしょうか。

高校3年生で10秒01を記録した桐生祥秀選手が最有力候補と思われ、9秒台は時間の問題かと思われましたが、東洋大4年になった今でも足踏み状態です。

日本人選手初、夢の9秒台の期待がかかる選手は、山縣亮太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手、多田秀平選手、サニブラウン選手です。

山縣亮太選手、桐生祥秀選手は足踏み状態、期待がかかるのは、ケンブリッジ飛鳥選手、多田秀平選手、サニブラウン選手ですが、今伸び盛りの一番若いサニブラウン選手に期待が集まります。


世界陸上2017・男子4×100mリレー日程
世界陸上2017.png

陸上競技 ブログトップ