So-net無料ブログ作成

インターハイ2019 競泳男子展望! [2019競泳]

□2019.8.14

高校生スイマーの頂点を決めるインターハイ2019(競泳)が、2019.8.17~8.20、アクアドームくまもと(熊本市総合屋内プール)で開催されます。

スイミング・マガジン編集部(ベースボールマガジン社)から、男子有力選手が紹介されました。

各ブロック大会優勝選手には、ブロック大会でのタイムを付記してみました。

世界ジュニア選手権2019(2019.8.20~8.25/ブタペスト)代表が、ブロック大会で優勝している場合は、それも付記してあります。

男子展望
●男子1500m自由形
・井本一輝(大阪・四條畷学園3年)
・15.36.52 金星洋将(大阪・桃山学院2年)

●男子100m自由形
・49.76 田中大寛(大分・県立別府翔青3年)
・51.52 須田悠介(神奈川・湘南工大附3年)
・中杉勇斗(福岡・常磐3年)

●男子200m自由形
・1.49.48 田中大寛(大分・県立別府翔青3年)
・1.51.44 石田虎流(神奈川・慶應義塾2年)

●男子400m自由形
・3.57.99 瀬良紘太(東京・日大豊山2年)
・3.54.72 黒川紫唯(大阪・四條畷学園2年)
・井本一輝(大阪・四條畷学園3年)

●男子100m平泳ぎ
・谷口卓(東京・日大豊山3年)
・大倉綾太(東京・日大豊山3年)
・1.02.06 近江ハリー(長野・地球環境3年)
*関東地区1位荒井悠太選手(八王子高校3年)は世界ジュニア選手権代表

●男子200m平泳ぎ
・谷口卓(東京・日大豊山3年)
・山尾隼人(神奈川・桐光学園3年)
・林太陽(埼玉・武南3年)
*関東地区1位荒井悠太選手(八王子高校3年)は世界ジュニア選手権代表

●男子100m背泳ぎ
・55.63 松山陸(埼玉・春日部共栄3年)
・56.48 木下周勇(大阪・近畿大附3年)

●男子200m背泳ぎ
・2.01.77 松山陸(埼玉・春日部共栄3年)
・2.01.32 奈須一樹(大阪・常翔学園3年)

●男子200m個人メドレー
・小方颯(神奈川・日大高1年)
・加藤晃成(愛知・中京大附中京)

●男子400m個人メドレー
・小方颯(神奈川・日本大1年)

●男子100mバタフライ
・井上海(千葉・東海大浦安2年)
・54.45 内藤大翔(愛知・愛み大瑞穂2年)
*関東地区1位山口愛斗選手(東京・淑徳巣鴨3年)は世界ジュニア選手権代表

●男子200mバタフライ
・2.01.23 斉藤堅生(大阪・桃山学院3年)
*関東地区1位本田灯選手(神奈川・日大藤沢3年)は世界ジュニア選手権代表

競泳世界ジュニア選手権2019
日時:2019.8.20~8.25
会場:ブタペスト(ハンガリー)
出場資格:女子14歳~17歳・男子15歳~18歳

【男子代表】
・平泳ぎ 佐藤翔馬選手(慶應義塾大学1年)
・平泳ぎ 荒井悠太選手(八王子高校3年)
・バタフライ 本田灯選手(日本大学藤沢高校3年)
・バタフライ 山口愛斗選手(淑徳巣鴨高校3年)
・バタフライ 廣島偉来選手(淑徳巣鴨高校2年)

スポンサーリンク



スポンサーリンク





共通テーマ:日記・雑感