So-net無料ブログ作成
検索選択
リオ五輪 ブログトップ
前の10件 | -

新体操 畠山愛理が引退表明!追記・キャスターに挑戦! [リオ五輪]

□2016.8.30  □2017.4.22更新

リオ五輪で、メダル獲得が期待された新体操ですが、残念ながらメダルはなりませんでした。2016.8.21団体決勝を終えた後、畠山愛理さんが引退を表明しました。
畠山愛理さんは、オーディションで選ばれ、2大会連続で五輪出場を果たし、フェアリージャパンの2大会連続入賞に貢献しました。
畠山愛理さんの足跡を、簡単に振り返ってみたいと思います。


小見出し
リオ五輪結果
畠山愛理さんプロフィール
畠山愛理さんの今後は?
追記・キャスターに挑戦


スポンサーリンク



リオ五輪結果

新体操は、団体予選では、リボンの大技「りぼん4本投げ」も決まり、予選5位、メダルまで0.248点と迫り、決勝に進出しました。

悲願のメダルを目指した決勝でしたが、日本は1種目目で、予選で決まっていたリボンの大技でミスが目立ち、8位と出遅れてしまいます。

2種目目のフープ・クラブでは演技をまとめ、高得点をマークしましたが、挽回はできず、2種目合計34.200点で8位に終わりました。

演技終了後、畠山愛理さんは、「リボンは悔しいが、このチームだから決勝に立てた。苦しいこと、つらいこともあったが、あっという間だった」と、涙ぐんでいました。

畠山愛理さんは、今回のリオ五輪が最後と決めていたようで、試合に出るのは最後、東京五輪では、選手ではなく、違う形で新体操にかかわっていきたいと答え、後輩たちに夢を託しました。


畠山愛理さんプロフィール

畠山愛理さんは、1994.8.16生まれ東京都出身です。

6歳から新体操を始めた畠山愛理さんは、小学校の卒業文集で、オリンピックに出たいと夢を語っていますが、その夢をロンドン五輪で実現させました。

畠山愛理さんは、飛びぬけて能力が高いわけではありませんでしたが、山崎浩子さんが世界と闘える人材発掘のため、潜在能力、プロポーション優先で審査したオーディションで選抜されます。

オーディションのプロポーション基準は、“身長に占める股下の比率の高い選手”でした。

畠山愛理さんが、身長170㎝、49㎏と抜群のプロポーションなのも頷けます。

2009年、畠山愛理さんは、中学3年生15歳で、日本代表に選ばれ、大原学園高校3年のとき、2012年ロンドン五輪に出場を果たしました。その後、日本女子体育大学に進学し、4年次で、今回2度目のリオ五輪出場となりました。


畠山愛理さんの今後は?

愛らしいルックスの畠山愛理さんは、プロポーション重視で選ばれている新体操選手の中でも、注目度の高い存在で、今後どういった方面で活動をしていくのか、注目が集まっています。

マスコミには、天真爛漫で自然体でマスコミに対応できる畠山愛理さんに、芸能界での活躍を期待する声が多いようです。

2度の五輪出場を果たした畠山愛理さんに、今後どのような経歴が加わっていくのか、注目していきたいと思います。


追記・キャスターに挑戦!

引退後の動向が注目されていた畠山愛理さんが、2020東京オリンピックに向けて、スポーツキャスターやコラム執筆に挑戦することがわかりました。

畠山愛理さんは、今春2017年日本女子体育大学を卒業、大リーグの上原浩治投手、元水泳日本代表の萩原智子さん、元バレーボール男子日本代表の山本隆弘さんらを担当するマネジメント事務所・(株)スポーツバックスに所属しています。

畠山愛理さんは、2015ミス日本の特別賞を受賞しており、モデルの仕事などもこなしていくようです。


畠山愛理 さんTwitter



(資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました)

タグ:畠山愛理

リオパラリンピックのメダル 日本の数は? [リオ五輪]

□2016.9.21  □2016.11.16更新

リオパラリンピック、日本のメダル数は、前回のロンドン大会のメダル数より8個増となる24個(銀10、銅14)を獲得しました。
金メダル数は0となったものの、多くの感動のドラマとともに、リオパラリンピックは東京大会への大きな弾みとなりました。
苦難を乗り越え、メダルを獲得した注目の競技を振り返ってみたいと思います。
日本財団パラリンピックサポートセンターの取り組みも、併せて少し紹介します。


小見出し
パラリンピックの魅力!
深い感動を受けた卓球と競泳の外国選手!
リオパラリンピックメダル ボッチャは日本初の銀メダル!
リオパラリンピックメダル 車いすテニスは? 男子ダブルス銅!
リオパラリンピックメダル 車いすテニスは? 女子シングルス銅!
リオパラリンピックメダル 競泳の木村敬一さんは? 銀メダル2個!銅メダル2個!
リオの経験をどう生かす?


リオ パラリンピック!

第15回リオパラリンピック大会は、2016.9.18(日本時間9.19)リオ市内マラカラン競技場で閉会式が行われ、12日間にわたる障がい者スポーツの祭典が終わりました。

日本での認知が低かった競技・ボッチャのメダルから、金メダルを期待された車いすテニスの国枝慎吾さん、複数のメダルに輝いた陸上の佐藤友祈さん、競泳の木村敬一さんら、数々のドラマがありました。


スポンサーリンク



深い感動を受けた卓球と競泳の外国選手!

外国の選手では、卓球男子シングルス・クラス6(立位)に出場したイブラヒーム・ハマドトゥさん、競泳背泳ぎS6に出場したテイトウさんには、特に深い感動を受けました。

イブラヒーム・ハマドトゥさんは両手がないため、足でトスして口にくわえたラケットでプレーするのです。

テイトウさんも両手がないため、両足だけで背泳ぎをするのです。

体にハンディがありながら、超人的なパフォーマンスを演じてくれた選手の方々に感謝です。

パラリンピックの魅力を改めて感じたリオパラリンピックでした。


リオパラリンピックメダル ボッチャは? 日本初の銀メダル

ボッチャ(脳性まひ)のチーム決勝で、日本は世界ランキング1位のタイに敗れたものの、3度目のパラリンピック挑戦で銀メダルを獲得しました。

大会前、日本での認知度が低かった競技でしたが、銀メダルを獲得したことで、競技への関心度が一気に高まりました。

キャプテンの杉村英孝さんは、「(銀メダルは)重たい。重みを感じる」と感慨に浸りました。

ボッチャは、重度の脳性まひがある人向けに考案されました。

白い目標球に、赤い球と青い球を交互に6球ずつ投げ、白い目標球により近づけたほうに得点が入る競技です。


リオパラリンピックメダル 車いすテニスは? 男子ダブルス銅!

車いすテニス、メダル数は銅2個となりました。

男子ダブルス3位決定戦は、日本勢対決となりました。国枝慎吾・斎田悟司ペアが、三木拓也・真田拓ペアを破り、銅メダルを獲得しました。

勝利を決めた瞬間、国枝慎吾さんは絶叫し、斎田悟司さんと抱き合い、肩をたたき喜びました。

国枝慎吾さんにとって、2004年アテネ大会から4大会連続でつかんだメダルは格別でした。

シングルスでの3大会連続の金メダルを逃した悔しさは、銅で少し報われた、念願の金メダルではないが、メダルがあるのとないのでは大違いと、重圧から解放され、国枝慎吾さんにようやく笑顔がみられました。

右ひじを痛め、近年では最悪のコンディション、リオパラリンピックが昨年だったらと、何度も思ったそうです。


リオパラリンピックメダル 車いすテニスは? 女子シングルス銅!

相手のボールがベースラインを割ると、上地結衣さんは、胸の前でこぶしを握りしめ、ほっとした様子で涙をぬぐいました。

世界ランキング2位の上地結衣さんは金メダル候補でした。

前日のシングルス準決勝、ダブルス3位決定戦とも、フルセットで敗れてしまいました。

重圧をはねのけ、今大会最後の試合で悲願のメダルを手にし、最後の最後に意地を見せました。

資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました


リオパラリンピックメダル 競泳の木村敬一さんは? 銀メダル2個!銅メダル2個!

木村敬一さんは1人で、メダル数4個と大活躍でした。

視覚障がいの競泳エースとして臨んだ3度目のパラリンピックで、木村敬一さんは5種目に出場し、銀メダル2、銅メダル2を獲得しました。

厳しい体づくりに取り組んだ4年間の集大成として臨んだリオオリンピックでした。

「今持っている力は出し切れたと思うが、何より金メダルが欲しかった」と、木村敬一さんは、悔しさと手応えが入り混じった胸の内を語ってくれました。


リオの経験をどう生かす?

2020年と東京パラリンピック支援のために設立された公益財団法人「日本財団パラリンピックサポートセンター」が、リオ・パラリンピックの競技会場や公共交通機関の利便性を現地調査し、報告会を開きました。

車いす利用者のために作られたスロープが、逆に使いづらかったことなど、多くの実例が紹介され、東京大会への取り組みを急ぐよう呼びかけました。

ボッチャ団体の杉村英孝さんや、柔道の広瀬誠さんなどが、選手の立場から、経験を踏まえて発言しています。


資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました

新体操 再建を託された山崎浩子!リオの結果は? [リオ五輪]

□2016.8.30

リオ五輪で、悲願のメダルを目指した新体操・団体ですが、決勝進出は果たしたものの、メダルへの切り札であったリボンの大技に、決勝でミスがでてしまい、メダルはなりませんでした。
新体操の再建を託された山崎浩子さんとともに、新体操のこれまでの歩みを振り返ってみたいと思います。


リオ五輪結果
新体操は、団体予選では、リボンの大技「りぼん4本投げ」も決まり、予選5位、メダルまで0.248点と迫り、決勝に進出しました。

しかし、悲願のメダルを目指した決勝では、日本は1種目目、予選で決まっていたリボンの大技でミスが目立ち、16.550点の8位と出遅れてしまいます。

2種目目のフープ・クラブでは演技をまとめ、17.650点と高得点をマークしましたが、挽回はできず、2種目合計34.200点で8位に終わりました。

ロシアが36.233点で、5連覇を達成し、銀はスペインで35.766点、銅はブルガリアで同点35.766点でした。

新体操の団体は、種目が2種目と少なく、どちらかの種目で、ミスがでて得点が伸びないと、挽回がむずかしいようです。


スポンサーリンク




山崎浩子さん経歴
山崎浩子さんは、1960.1.3生まれ鹿児島県指宿市出身です。

姉2人に比べ、運動が苦手だった山崎浩子さんでしたが、進学した鹿児島純心女子高校で、新体操の演技に魅了され入部を決心します。

純心女子高校は、新体操の名門で、厳しい指導で知られる女性監督のもと、1日の休みもない合宿生活が365日続き、練習でミスがあると厳しい叱責をうける日々の中、山崎浩子さんは着実に力をつけていきます。

東京女子体育大学に進学し、全日本選手権で個人総合5連覇を果たし、新体操ブームの火付け役となります。

1984年、ロスアンゼルス五輪個人総合で8位入賞を果たした後、現役を退きます。


新体操の再建を託される
五輪出場を逃すなど、低迷していた新体操の再建を託され、2004年、山崎浩子さんは強化本部長に就任します。

山崎浩子さんが、まず取り組んだのはオーディションの導入でした。

実績や手具の取り扱いは二の次、プロポーションや柔軟性、潜在能力を重視して選抜しました。

すべてを数値化し、身長に占める股下の比率の高い選手、上体の柔軟性や足首などの関節の可動域が優れた選手ほど、高い得点を与えるようにしました。

実績で選んでいませんから、最初は全く下手で、選抜チームより高校生、大学生チームのほうが上手で、あっちを世界選手権に出場させたほうがいいとか揶揄されます。

しかし、選抜した原石を、1日8時間の猛練習で磨いていき、170㎝の畠山愛理さんら、背が高く美しい選手が集まるようになり、世界から注目されるようになっていきます。

資料元:毎日新聞 2016.4.30


メダルは近いようで遠い!
リオ五輪で、悲願のメダル獲得はなりませんでしたが、山崎浩子さんの「選抜オーディション」「代表選手との共同生活」「ロシアへの拠点移動」など、斬新な強化策は、着実に成果をあげています。

山崎浩子さんは、「実力はまだまだ。メダルも遠い。でも、メダルを狙うと言えるところまでは来た。これからが勝負です」と、話してくれました。




資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました



新体操・山崎浩子 統一教会との関係は? [リオ五輪]

□2016.8.29

山崎浩子さんを検索すると、新体操とともに、統一教会が検索されます。
山崎浩子さんの統一教会騒動は、20年以上前のことだと思います。
リオ五輪新体操強化本部長としてリオ五輪に臨んだ山崎浩子さん、なぜリオ五輪新体操と、統一教会が関係してくるのでしょうか。


小見出し
新体操と統一教会
統一教会騒動!
統一教会脱退を決意!
統一教会とは無関係!


新体操と統一教会

リオ五輪新体操と統一教会、一体どんな関係があるのでしょうか。

スポーツ紙の新体操担当記者は、「正直に言ってメディア対応が素っ気ない山崎浩子さんは不評を買っています。やはり、例の騒動が尾をひいているのでしょうね」と言い、統一教会の騒動に触れています。

メディア対応が素っ気ないことと、統一教会騒動が関係しているような口ぶりです。

しかし、統一教会騒動は、20年以上も前のことです。

無理に関連づけようとしているように感じられ、新体操ファンでなくても、首をかしげざるを得ません。


スポンサーリンク



統一教会騒動!

簡単に統一教会騒動をとりあげてみます。

1992.8月、山崎浩子さんは、文鮮明が率いる統一教会が、韓国で行った合同結婚式に、3万組の新郎新婦とともに参加し、世間を驚かせます。

当時、新体操現役を退き、子どもを対象とした新体操教室を開設し、成長願望が強かった山崎浩子さんは、友人に紹介された男性の考え方に共感し、自己啓発センターでビデオ学習を受け始めます。

この自己啓発セミナーが、統一教会のセミナーであったことは、後になって気づくことになります。

ある日見たビデオの、「人類は悪魔の子」との言葉にショックを受けますが、今は救世主がいるとのメッセージを聞いて、山崎浩子さんは安心し、救われた気がしました。

しばらくして、その救世主は、統一教会創始者の文鮮明だと告げられ、最初は強く反発しますが、次第に統一原理にのめり込んでいきます。

当時つき合っていた男性がいましたが、人類の罪を清算するためには、神が選ぶ相手と結婚する必要があるという統一原理を学ぶうちに、罪の意識に苛まれるようになり、交際を解消します。

そして文鮮明が選んだ男性と婚約し、合同結婚式へ参加することになったのです。


統一教会脱退を決意!

山崎浩子さんには、姉が2人いますが、山崎浩子さんの統一教会入信は間違っていると、説得を続ける姉の真剣さに打たれ、統一教会から強い反対があったにもかかわらず、姉から紹介された牧師に会うことを決心します。

牧師は、元統一教会信者でしたが、統一教会の間違った思想に気づき、マインドコントロールされた人たちの脱退を助ける活動をしている人物でした。

牧師の話を聞くうちに、統一教会の統一原理が、キリスト教とは相いれないことや、文鮮明の経歴や教会のルーツの嘘、自身がマインドコントロールされていたことに気づき、文鮮明が選んだ男性との婚約を解消し、統一教会脱退を決意します。

1993.4.21、記者会見を開き、山崎浩子さんは、すべてが間違いだったことを認めて、脱会を表明し、多くの人の人生を狂わせたことを謝罪しました。

記者会見は、合同結婚式から既に1年近く経過していました。

山崎浩子さんが脱会を表明するに至るまでには、山崎浩子さん自身や、山崎浩子さんを支える人たちの筆舌に尽くせない辛苦があったようです。

一旦マインドコントロールされてしまうと、その呪縛から逃れるのは容易なことではないようです。

資料元:wikipedia-山崎浩子


統一教会とは無関係!

ざっぱくな経緯でしたが、山崎浩子さんは、20年前に統一教会とは、きっぱり縁を切っており、全く無関係のようです。

リオ五輪新体操の山崎浩子さんと、統一教会を関係づける根拠は何もないように思えます。

メディア対応が素っ気ないことと、統一教会騒動が関係しているとすれば、当時のメディアの報道姿勢が、山崎浩子さんをメディア嫌いにさせたのであって、メディア対応が素っ気ないのはメディアの側の責任であり、山崎浩子さんに責任転嫁してはいけません。

山崎浩子=統一教会という図式が先にありきの報じ方ではないでしょうか。



資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました

リオオリンピックメダル シンクロナイズドスイミングは? 乾友妃子・三井梨紗子・吉田胡桃・箱山愛香・中村麻衣・丸茂圭衣・中牧佳南・小俣夏乃・林愛子 [リオ五輪]

□2016.8.22  □2016.9.14更新

井村雅代さんは、2014.2月に日本シンクロHCに就任してから僅か2年余りで、リオオリンピックでの銅メダルを手にします。
シンクロナイズドスイミング・マーメイドジャパンは、デュエット、チームとも銅メダルを獲得しました。
2年余りの練習を振り返り、シンクロの選手たちは、地獄のような練習漬けの日々だったと振り返りますが、井村雅代さんは姉御肌の指導者、若い選手たちは、井村雅代さんについていったら、必ずメダルをとれると確信し、遂にメダルにたどりつきました。



リオで銅メダルを獲得したデュエットの三井梨紗子(22)さんが、現役引退を決意したことが2016.9.14わかりました。
三井梨紗子さんは、体力の限界ですと、複数の関係者に引退を伝えたようです。
三井梨紗子さんは、2012年ロンドンにチームで出場し、高い身体能力で頭角を現し、躍動感溢れる演技で、代表の中心的存在に成長しました。
2014年に井村雅代(66)さんがHCに復帰し、勝負魂を叩きこまれ、リオではデュエットで2大会ぶり、チームでは3大会ぶり銅メダル獲得に貢献し、歓喜の涙を流しました。
デュエットでペアを組んだエースの乾有紀子(25)は、現役続行を決意しています。
マーメイドジャパンを復活させ、さらなる飛躍を目指す中、22歳と若い三井梨紗子さんは、4年後の東京での活躍が期待されていました。
地獄と振り返るほど過酷なトレーニングは、肉体的にも精神的にも想像以上で、夢舞台での悲願銅メダル獲得で、三井梨紗子さんは燃え尽きました。  2016.9.14更新


デュエット:乾・三井組気迫で銅メダル!

デュエット決勝のFRで乾友妃子・三井梨紗子組は、鍛えあげられた足技が光り、メダルを争ったウクライナのペアを逆転しました。

つらい練習に耐えてきた三井梨紗子さんは、地獄のような練習の日々が報われたと、声を震わせました。

演技直前、井村雅代さんから、ウクライナより脚は短い、脚に力を入れて、付け根から動かして矢印を出せと送り出されます。

井村雅代さんは、長くきれいに見える脚づくりに、徹底的にこだわりました。

腹筋や背筋を鍛えるとときも、脚を浮かせながら、足の指先で靴下を握り、両脚にはボールを挟んで、引き締まった脚づくりを目指しました。

演技の芸術性ではあまり差はありませんでしたが、技の難度や完成度で、ウクライナを大きく引き離しました。

苦戦を予想されたデュエットでメダルを獲得し、乾友妃子さんは、二つめのメダル獲得に自信をのぞかせました。


スポンサーリンク




資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました



フリー:日本チーム復活の銅メダル!

8人で演技するチームのFRで、日本は95.4333点の3位となり、TRとの合計が189.2056点で3位となりました。フリーでの表彰台は3大会ぶりになります。

TR、FRともに1位のロシアが196.1439点で金メダル5連覇を達成、2位には192.9841で中国が入りました。

チームFRを終え、8人が手をつないで得点を待ちました。三井梨紗子さんは、点数は見ていなくて、順位だけを見ていたと、固唾をのんで電光掲示板を見つめていました。

表示された数字は「3」、全員が飛び跳ね、抱き合い、涙しました。主将として日本を背負った乾友妃子さんは、本当に幸せと泣き続けます。

演技中、拍子木の音にあわせて、中村麻衣さんが水面からゆっくりせり上がり、倒立をぴたりと決めると、会場は大歓声に包まれました。

ジャンプ技が主流の昨今、せり上がり倒立は、技の創造性とともに素晴らしい演技でした。

海外勢の派手な高いリフトやジャンプが目を引く空中技は、ジャンプ力の劣る日本の弱点でした。

せり上がり倒立は、弱点を強みに変え、創造性と技術力を世界に示した新技になりました。



資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました

リオオリンピック メダルはならずも決勝進出! 東京オリンピックの高校生ホープ [リオ五輪]

□2016.8.20

リオオリンピックの余韻が覚めやりません。あの感動をもう一度と、記憶を頼りに、決勝戦の模様を書きおこしました。
東京オリンピックホープの高校生が、もう一人誕生しました。
メダルはならなかったものの、池江璃花子さんが女子100㍍バタフライ決勝6位、板橋美波さんが女子高飛び込み決勝8位と、高校生が入賞を果たしました。
池江璃花子さんは、昨年2015年、中学生で世界選手権のリレー種目に出場した逸材で、早くから注目されていました。
板橋美波さんは、高飛び込みというあまりメジャーでない種目ですので、一般的な知名度があるわけではありませんでしたが、高飛び込みの世界では注目されている選手でした。


女子100㍍バタフライ:池江璃花子日本新で堂々6位!

女子100㍍バタフラい決勝で、16歳の池江璃花子さんは、56秒86の日本新記録で、6位と健闘しました。3位(銅メダル)とは0秒36と僅差でした。

メダルは逃したものの、目標としていた57秒を切る56秒86の日本新記録をマークし、自己ベストがだせてうれしいと、充実感をにじませていました。

昨年、中学生で14年ぶりに世界選手権に出場して、一躍注目されるようになりました。

本当の目標は東京オリンピックだと思っていると言いますが、早くも池江璃花子さんの存在感は際立っています。

他の中・高校生スイマーが、オリンピックの本番で力を出し切れないなか、一人気を吐いた感があります。

リオ五輪競泳女子中・高校生で取り上げた、長谷川涼香さん(16)、今井月さん(16)、酒井夏海さん(15)は、どうだったのでしょうか。

長谷川涼香さんは200㍍バタフライ準決勝で全体9位、今井月さんは200㍍個人メドレー準決勝で全体15位、酒井夏美さんは400㍍メドレーリレー予選10位で敗退しました。

この4人は、ここから体が変化する時期を迎えます。

卒業後の練習環境をどう整えるか、体格に合わせた泳ぎを、どう完成させていくか、東京オリンピックで活躍するためには、日本水連の育成方針が鍵になります。


スポンサーリンク




資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました



女子高飛び込み:板橋美波8位入賞!

女子高飛び込み決勝で、準決勝を10位で通過した16歳の板橋美波さんが、8位に入りました。

飛び込み女子で日本勢の入賞は20年ぶりになります。

板橋美波さんは、うれしい気持ちと悔しい気持ちが半々です、初めての五輪で決勝に残れたのはよかったですが、メダルを狙っていたので残念です、今回いろいろな経験をさせてもらったので、4年後に生かしたいと語ってくれました。



資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました

リオオリンピックメダル バドミントンは? 高橋礼華・松本美佐紀・奥原希望 [リオ五輪]

□2016.8.20

リオオリンピックの余韻が覚めやりません。あの感動をもう一度と、記憶を頼りに、決勝戦の模様を書きおこしました。
バトミントンは、高橋礼華・松本美佐紀組が女子ダブルス金メダル、奥原希望さんが女子シングルスで銅メダルでした。
タカマツペアは、最終ゲーム16-19の大ピンチをしのいで、大逆転の金メダルでした。
奥原希望さん、コートに入る前、何をつぶやいているのかな?と思いきや、ここに立てることを感謝しようと、つぶやいてからコートに入るルーティーンを欠かさず、終始礼儀正しい奥原希望さんのプレースタイルは、まさに一枚の絵になるようでした。
奥原希望さんは、シングルス史上初の銅メダルを手にします。


女子ダブルス:タカマツ大逆転で金メダル!

決勝での、諦めなければ夢はかなうを地でいくような大逆転勝利で、高橋礼華・松本美佐紀組が、表彰台の頂点に立ちました。

最終ゲーム16-19、あと2点で負ける土壇場から、怒涛の5連続得点でした。

金メダルをつかむスマッシュを決めた高橋礼華さんは、覚えていない、無心だったと、コートに倒れこんでうれし泣きでした。

19点目を取られたとき、視聴者はもう駄目かと思いましたが、高橋礼華さんは、前日のテレビ映像が頭をよぎりました。

女子レスリングで、日本の3人が大逆転で金メダルを取った、私たちもあり得ると、諦めそうな気持を奮い立たせました。

松本美佐紀さんも、負けるなら思い切って悔いの残らないようにと、開き直り3連続得点で追いつくと、高橋礼華さんが2連続で強烈なスマッシュを決めて勝利しました。

松本美佐紀さんが、序盤は緊張で何もできなかったと反省するほど不調でしたが、それを立て直したのが松本美佐紀さんの精神力の強さです。

最高の舞台で、ハイレベルの打ち合いを楽しめるような、精神面での余裕を取り戻せたことが、1時間20分の激闘での勝利につながりました。



スポンサーリンク





資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました



女子シングルス:シングルス史上初銅!

奥原希望さんは、16歳8ケ月の史上最年少で、全日本総合選手権を制し、ついたあだ名が、スーパー高校生でした。

奥原希望さんは、文字通り華々しく表舞台に躍り出たバトミントン界のホープでした。

しかし、両ひざの手術で、代表から外れる不遇の時代を経験し、苦難の末に復活し、日本勢シングル初の銅メダルに輝きました。

つらいリハビリを経て、国際舞台で優勝を重ね、迎えたリオ五輪でした。

ここに立てることを感謝しようと、つぶやいてからコートに入るルーティーンを欠かしませんでした。

準々決勝で山口茜さんを破ると、茜ちゃんの分も頑張ると、金メダルを目指しました。

かなわなかった夢は、東京五輪で果たします。




資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました


リオオリンピックメダル 男子体操は? 内村航平・白井健三・加藤凌平・田中佑典・山室光史  [リオ五輪]

□2016.8.22

リオオリンッピクの余韻が覚めやりません。あの感動をもう一度と、記憶を頼りに、決勝戦の模様を書きおこしました。
日本は、男子団体で金メダル、内村航平さんが男子個人総合で金メダル、白井健三さんが男子種目別・跳馬で銅メダルを獲得しました。
男子個人総合・最終種目の鉄棒、ベルニャエフに0.901点差と引き離され、窮地に立たされた内村航平さんでしたが、演技中に腰を痛めながらも、歯を食いしばり踏ん張りました。
鉄棒で15.800の高得点をマークし、ライバルにプレッシャーをかけます。敗色濃厚だったムードは、最後に一変し、劇的な逆転につながりました。
男子団体決勝では、内村航平さんが、平行棒、鉄棒で得点を伸ばせませんでしたが、成長した加藤凌平さん、田中佑典さんが、きっちりとカバーし、チーム力が上がった日本は、3大会ぶりの栄冠・金メダルを手にしました。
男子種目別・跳馬では、白井健三さんが新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を見事に決め、銅メダルを獲得しました。


男子個人総合:内村航平大逆転金メダル!個人総合44年ぶり連覇!

最終種目の鉄棒、内村航平さんは、伸身新月面降りで、着地の足はマットにぴたりと吸いつきました。

ベルニャエフに0.901点差と引き離され、窮地に立たされた村航平さんですが、演技中に腰を痛めながらも、歯を食いしばり踏ん張りました。

鉄棒で15.800の高得点をマークし、ライバルにプレッシャーをかけます。敗色濃厚だったムードは、最後に一変し、劇的な逆転金メダルにつながりました。

悲願だった団体総合の金メダルを手にし、燃え尽きそうになったが、気持ちで持ちこたえたと、言います。

個人総合決勝まで中一日、疲労はピークに達していましたが、最初の床運動から、次々と着地を止め、最難関の跳馬は、大技「リ・シャオペン」で、この種目トップの高得点をマークします。

内村航平さんは、もう何も出ないところまで出し切りました。

ミスが出ても圧勝だった前回オリンピックに比べ、今リオオリンピックは、ライバルにあと一歩まで迫られます。

ハイレベルな競り合いを制したことで、自分の持ち味を出せたと、内村航平さんは、大きな充実感に浸ります。

4年後の東京オリンピックでは、内村航平さんは31歳になります。体力の衰えは避けられないでしょうが、生まれ育った日本での五輪を目指せるのは、人生でなかなかないことと、内村航平さんは、東京オリンピックへ意欲をにじませます。


スポンサーリンク



男子団体:3大会ぶり栄冠の金メダル!

男子団体金メダル5人は、手をつなぎ、満面の笑みを浮かべて表彰台中央に上がりました。

前回のロンドン五輪まで、2大会連続の銀メダルと、近くて遠かった男子団体の頂点でした。

予選4位から、完成度の高い演技をそろえて巻き返しました。

世界選手権個人総合メダリストの内村航平さん、加藤凌平さん、田中佑典さん、山室光史さんに加え、床運動で圧倒的な高得点を挙げ、跳馬も得意な白井健三さんという最強のメンバーでした。

決勝では、内村航平さんが、平行棒、鉄棒で得点を伸ばせませんでしたが、加藤凌平さん、田中佑典さんが、きっちりとカバーします。

内村航平さんは、凌平と佑典が安定したいつも通りの演技をしてくれて助かったと、感謝します。

2番手、3番手が成長し、内村航平さん頼りを脱却し、チーム力が上がり、3大会ぶりの栄冠を手にしました。


資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました



男子種目別:白井健三さん銅メダル!新技鮮やかに!

空中で鋭く体をひねった白井健三さんは、余裕をもって前向きに着地、動いたのは右足?がわずかに一歩だけでした。

跳馬の新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」が見事に決まった瞬間でした。

3回半を跳べたことに、白井健三さん自身も驚きを隠せませんでした。

苦心して取り組んできた大技を成功させたのは、リオ五輪も迫った、7月の合宿中の30㌢の閃きでした。

両手を台につくとき、詰まった感じがぬぐえず、なかなかイメージ通りに跳べず、閃いたのが30㌢でした。

日本のメーカーよりも柔らかく弾みやすいリオの助走路、思い切って助走のスタート位置を30㌢後ろに下げ、23㍍70㌢だった助走距離を、24㍍にすると、一気に気持ちよく跳べるようになりました。

この日を境に、跳躍が一変します。今季から取り組んできた大技ですが、恐怖との闘いでもありました。

増えるのは半ひねりだけですが、感覚はまるで別の跳躍です。

膝のケガのリスクも増しますし、気持ちを高めないと跳べない新技で、白井健三さんも相当苦しんだようです。

次々と新技を成功させる白井健三さんですが、好奇心と探求心、加えて天才的な発想力が、不可能を可能にするのでしょう。

たった3、4秒の跳躍ですが、白井健三さんの1年のすべてが詰まった新技の成功でした。




資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました

リオオリンピックメダル 競泳は? 萩野公介・金藤理絵・坂井聖人・瀬戸大也・江原騎士・小堀勇氣・松田丈志・星奈津美 [リオ五輪]

□2016.8.22

リオオリンピックの余韻が覚めやりません。
あの感動をもう一度と、記憶を頼りに、決勝戦の模様を書きおこしました。
萩野公介さんは、リオオリンピックの先陣を切って金メダル、競泳60年ぶりのダブル表彰で、瀬戸大也さんが銅メダルを獲得し、日本勢を勢いづかせてくれます。
その後も、競泳陣はメダルラッシュが続きます。
金藤理絵さんが200㍍平泳ぎで金メダル、坂井聖人さんが男子200㍍バタフライで銀メダル、萩野公介さんが男子200㍍個人メドレーで銀メダル、萩野公介さん、江原騎士さん、小堀勇氣さん、松田丈志さんが男子800㍍リレーで銅メダル、星奈津美さんが女子200㍍バタフライで銅メダルを獲得します。


男子400㍍個人メドレー:萩野悲願の金メダル!瀬戸は銅メダル獲得!

苦しい最後の50㍍、必死にキックしてタッチした瞬間、これまでなかった気持ちが、萩野公介さんにこみ上げてきました。

萩野公介さんは、競泳男子400㍍個人メドレーの決勝では、瀬戸大也さん、ケイリッシュ選手と、最後の自由形が勝負になるとみていました。

萩野公介さんは、バタフライで前に出た瀬戸大也さんを、得意の背泳ぎでかわし、200㍍で体ひとつリードします。

続く平泳ぎでは、力を抑えて、最後の自由形に入り、隣のレーンから迫るケイリッシュ選手を、ラスト20メートル、力強いストロークとキックで振り切りました。

東洋大学で指導する平井伯昌監督は、更なる飛躍のため、萩野公介さんに勝負への意識を変えるよう求め続けてきました。

予選で、萩野公介さんが予想していたタイムよりいいタイムで、瀬戸大也さんは泳ぎました。それ以上にケイリッシュ選手の泳ぎに、萩野公介さんは少なからず動揺します。

弱気の虫が頭をもたげてきて、夜の決勝に備えた仮眠では、萩野公介さんはほとんど眠れませんでした。そのことを平井伯昌さんに打ち明けました。

予選終了後、弱気の虫がでてきたことを見抜いていた平井伯昌さんは、萩野公介さんが、「人生をかけたレースをする」と、リオ到着後のインタビューで言ったことを思い起こさせ、叱咤激励、鼓舞します。

平井伯昌さんの言葉で、目が覚めた萩野公介さんは、人生をかけたレースで負けたら引退する強い気持ちで、決勝に臨んだのです。

レース後は、恩師と長年のライバルへの思いを、最後は先生に背中を押してもらった、大也とは、これからも互いに切磋琢磨して勝負をしていくと、自分を変えてくれた2人の存在に感謝していました。


スポンサーリンク



資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました



女子200㍍平泳ぎ:金藤理絵圧倒!集大成の金メダル!

最後のターンで、両隣を見たとき、自分が少しだけ前にいることが、金藤理絵さんには分かりました。

残りの50㍍、きつい練習はこのためにやってきたと、力を緩めず、2位に1秒67の差をつけてゴールしました。

2大会ぶりに出場した集大成の五輪で、ついに金メダルをつかみました。

東海大学時代から指導を受ける加藤健志コーチのもと、金藤理絵さんは、周囲も驚くほどの猛練習で、力をつけていきました。

しかし、2010年にヘルニアで腰を痛めてから低迷し、ロンドンオリンピック代表レースで落選してしまい、一時は引退も考えます。

昨年2015年世界選手権で弱気なレースをしたことが、泳ぎを見直すきっかけになり、その後はきつい練習から逃げず、加藤健志コーチの意見も素直に耳に入るようになります。

加藤健志コーチは、2015年弱気なレースをした当時の5倍は練習したと振り返ります。

今年2016.4月末、リオオリンピック選考を兼ねた日本選手権で、2016年の世界ランク1位のタイムをだし、一躍金メダル候補に名乗りをあげました。

金藤理絵さんは、かつての弱気の虫を追い払い、前半から積極的に飛ばし、終始先頭争いを続け、最後は2位に大差をつけてゴールしました。

8年前に出場した北京オリンピックで、北島康介さんの姿に憧れた五輪の表彰式、真ん中に立ってみると、大観衆の視線が少し気恥ずかしかったと語る、気持ちのやさしい金藤理絵さんでした。

リオオリンピックメダル 卓球は? 水谷隼・丹羽孝希・吉村真晴・石川佳純・福原愛・伊藤美誠 [リオ五輪]

□2016.8.20

リオオリンピックの余韻が覚めやりません。
あの感動をもう一度と、記憶を頼りに、決勝戦の模様を書きおこしました。
卓球は、水谷隼さんが男子シングルス銅メダル、水谷隼さん、丹羽孝希さん、吉村真晴さんが男子団体で銀メダル、石川佳純さん、福原愛さん、伊藤美誠さんが女子団体で銅メダルでした。
卓球男子は、絶対的王者・中国の背中が見え、東京オリンピックにつながる結果になりました。
女子卓球は、互いに寄り添い励ましあった3人の絆がもたらしたメダルでした。


男子団体:団体初の銀メダル!大舞台で見えた希望!

卓球の日本男子が、初めて進んだ団体決勝は、2020年東京オリンピックへの希望を発見する舞台になりました。

第2試合のシングルスで、エースの水谷隼さんが競り勝ち、続くダブルスでは、丹羽孝希・吉村真晴組が第1ゲームを奪う健闘をみせました。

水谷隼さんは、シングルスで銅メダルを取った際、中国に勝つのは、遠い将来と話しましたが、この日は、東京での目標が明確に見えたと、力を込めて話してくれました。

水谷隼さんは、許シンに対して、過去12戦全敗しています。

この日も、2ゲーム先取した後に追いつかれ、第5ゲームで7-10と追い詰められます。

しかし、今までの借りを返すという思いで粘り、5連続得点で勝利をつかみました。

エースの勝利は、次のダブルスに好影響し、第1ゲームは11-4と圧倒します。

その後ミスがでて敗れはしましたが、勝てるチャンスはあったと手ごたえを感じたダブルスでした。

4年後、メダルの色を金にするためには、何が必要なのでしょうか。水谷隼さんが仮に負けることがあっても、勝てる日本になるためには、次世代の奮起が欠かせません。



スポンサーリンク





資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました


女子団体:3人娘絆の銅!

福原愛さんの目から大粒の涙が流れ落ち、石川佳純さんは、笑顔で先輩の肩をたたき、コードでは、伊藤美誠が両手を突き上げました。

ロンドン五輪とは色が違いますが、価値ある銅メダルでした。

「前回は勢いで突っ走ったけど、今回は重圧の中でのメダル。夢じゃなければいいのですが」と、福原愛さん。それぞれに達成感をかみしめていました。

シンガポールとの3位決定戦で、石川佳純さんが嫌な流れを断ち切りました。

1番手の福原愛さんが敗れて迎えたエース対決は、第1ゲームで7-10から5連続ポイントを奪い返しました。

エースがもたらすストレート勝ちの安心感は、ダブルスと伊藤美誠さんの連勝につながりました。

互いに寄り添い励ましあってきたチームです。準決勝でドイツに敗れた翌日、落ち込んでいる福原愛さんと伊藤美誠さんに、石川佳純さんは、みんなも頑張ったよと、素直な気持ちを伝えました。

すると、福原愛さんは、銅にも価値がある、もう一度頑張ろうと、崩れかけた思いが結束しました。

エースが引っ張り、経験豊かな福原愛さんが支え、伊藤美誠さんが若さを発揮しました。

石川佳純さんは、3人が個性を生かし、それが大きなひとつの力になったと、振り返りました。

打倒中国と悲願の金メダルは、4年度の東京まで持ち越しになりました。

資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました




男子シングルス:新たな歴史を刻む!

サムソノフのバックハンドが、ネットにかかると、水谷隼さんは、仰向けになって歓喜に浸りました。

日本卓球界の悲願だった、五輪の個人種目で、水谷隼さんが遂に銅メダルを獲得しました。

3位決定戦で1時間近い熱戦を制し、日本男子初の表彰台になりました。

元世界ランキング1位の40歳のベテランを相手に、今は実力的には自分が上、力を出し切れば勝てると、水谷隼さんは強い気持ちに臨みました。

細かい技術を駆使する相手に、水谷隼さんは冷静に対応し、2ゲームを連取します。

しかし、第3ゲームを取られ、第4ゲームでも、相手がゲームポイントを迎えるピンチの連続、この苦しい場面をしのぎ、13-12で拾った返球が、卓球台の縁にあたる幸運なボールとなって、このゲームをとり、一気に流れを引き戻しました。

個人種目ではね返されてきた先人たちの思いを背負い、頑張りぬきました。

中国勢とともに表彰台にたち、日本人初の個人メダル獲得の喜びをかみしめていました。


資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました


前の10件 | - リオ五輪 ブログトップ