So-net無料ブログ作成
 

藤田菜七子 JRA騎手の現在の成績は?

□2017.8.12

2016.3.3ひな祭りデビューを果たした、16年ぶりのJRA女性騎手、藤田菜七子騎手ですが、地方競馬を含め騎乗回数が500回を超えてきました。
藤田菜七子騎手は、騎乗回数をこなし、経験値をあげることで、引き出しも増えてきたといい、師匠の根本康弘さんも、本人が思っている以上に成長していると、藤田菜七子騎手の活躍に目を細めています。
藤田菜七子騎手の現在の成績は、どうなっているのでしょうか。


小見出し
2017.8.7現在の成績
目指す騎手像
JRA女性騎手歴代4位の成績
藤田菜七子騎手プロフィール


スポンサーリンク



2017.8.7現在の成績

藤田菜七子騎手は、1年目2016年にJRAで6勝、今年2017年は既に7勝(2017.8.7現在)をあげています。

2017.8.5の新潟競馬2Rで勝利すると、続く8.6も新潟競馬最終Rで快勝し、今年のJRA7勝目をあげました。

翌8.7の地方・盛岡競馬の6Rでも勝利し、地方競馬11勝目をあげ、現在の成績は、西原玲奈さんに並んでJRA女性騎手歴代2位タイとなりました。

藤田菜七子騎手は、このところ好調で、快進撃を続けています。


目指す騎手像

藤田菜七子騎手は、少しずつ目指す騎手像が見えてきたと言います。

相手のいるスポーツだけど、まずは自分のやるべきことをやっていきたい、馬が気分を損ねないよう、馬が走りやすいように騎乗するのが一番大切なことで、そこを目指してやっていきたいと、日刊スポーツ2017.8.8に掲載されたインタビューで、抱負を語っています。


JRA女性騎手歴代4位の成績

JRA女性騎手の勝利数は、JRAでの勝利数に限ると、増沢由貴子さんの34勝が最多、次いで西原玲奈さんの17勝、細江純子さんの14勝、藤田菜七子騎手の現在の13勝という成績は、歴代4位になります。

2017.8.9に20歳になったばかりの若い藤田菜七子騎手ですので、地方も含め、今後着実にJRAでの勝利を重ねていくと思います。


藤田菜七子騎手プロフィール

(資料元:ツイッター埋め込みコードをお借りしました)

藤田菜七子さんは、1997.8.9生まれ茨城県北相馬郡守谷町出身の日本中央競馬会(JRA)所属の女性騎手です。

両親と弟の4人家族です。

小学校6年生の時、たまたま競馬中継をテレビで見て、女性ジョッキーになりたいと憧れます。

両親とも競馬界には無縁でしたので、厳しい世界とは知らず、本人がやってみたいならと賛成してくれます。

程なくして、美浦トレーニングセンターにある乗馬苑に通い始め、プロ騎手を目指す中学生選抜チームに所属することになります。

週に5日間練習があり、学校から練習場の乗馬苑までは遠かったので、学校を早退して通っていたと、藤田菜七子騎手は当時を振り返っています。

2013年受験者153人、合格者わずか7人の超難関を突破して、競馬学校に入学し、2016年に卒業しています。

JRA騎手歴2年と半年たらずですが、現在の成績がJRA13勝を含め、24勝をあげているJRA期待の女性騎手です。

(資料元:Sponichi Annex 2017.8.7 菜七子 JRA女性騎手歴代2位タイ国内24勝目!8日船橋で10代ラスト騎乗)



スポンサーリンク






nice!(17)  コメント(0) 

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。